【FIRE】支出の最適化のための支出削減・節約方法16選

倹約
スポンサーリンク

こんにちは、だいち(@daichiblog)です。

こちらの記事(▶️【FIRE】セミリタイアに資産はいくら必要?サイドFIREで自由を手に入れよう!)で、FIREを実現するには高い貯蓄率が必要であると書きました。

そして、貯蓄率を高めるためには、収入アップ支出削減を考えていく必要があります。

 

支出削減と言っても、何をどうしたらいいか分からないよ

だいち
だいち

私はほんの少しの家計の見直しで年間60万円の支出を削減しました!

私が実践している節約方法などを紹介していきますので、家計見直しの参考にしてみてください!

 

この記事はこんな人にオススメ

✔︎ 節約で家計を改善したい方

✔︎ どのような節約方法があるか知りたい方

✔︎ 倹約実践者から具体的な節約方法を学びたい方

スポンサーリンク

支出を最適化して豊かになろう

支出の最適化はダイエットと一緒

私は、貯金・貯蓄というのはダイエットと同じだと考えています。

太っている人は、自分の食事管理ができないから余計な脂肪がついてしまいます。そして、カロリーや栄養を計算しながら食事管理をして脂肪を落としていくわけです。乱れた生活習慣を改めることによって、痩せることができます。

家計もこれと一緒で、家計管理ができないから収入と支出がトントンで貯蓄できない家計になっていたり、収入を支出が上回って負債を負うような家計になってしまっていたりするわけです。

だいち
だいちゃそ

家計管理をしっかりすることによって、金銭習慣を見直し、貯蓄家計を作り出しましょう!

支出削減の効果とは

副業で1万円を稼ぐのは大変ですし、単発で稼げても、継続して月1万円を稼ぎ続けることは難しいです。
でも、月1万円の支出削減は簡単ですし、その効果は生活レベルを上げない限りずっと続きます。

視点を変えて、毎月1万円を資産から得ようとすると、300万円の資産が必要となります(税引き後年利4%で計算。300万円✖️0.04=12万円)。
つまり、月1万円の節約をするだけで300万円の資産を持っているのと同様の価値が得られているということになります。

こうやって考えると節約の重要性が良く分かります!

だいち
だいち

節約のモチベーションも上がりますよね!

それでは、私が実践している具体的な節約方法を紹介していきます☺️

支出削減・節約方法

私が実践している方法は次のようなものです。

  1. 通信費:格安スマホや格安プランにする
  2. 保険代:保険の見直し
  3. 水道光熱費:湯船には入らない・節水シャワーヘッドを使う
  4. 食費:外食は極力せずに自炊する
  5. 食費1日2食又は1日1食にする
  6. 食費:自動販売機を使わない(水道水を飲む)
  7. 食費・日用品:ふるさと納税を活用する
  8. 食費・日用品:コンビニを使わない
  9. 嗜好品:お酒はなるべく飲まない、タバコは吸わない
  10. 美容代:散髪はセルフカット
  11. 交際費:行きたくない飲み会には行かない
  12. 書籍代:楽天で買ってメルカリで売る
  13. 高還元率の楽天カードを使う
  14. 財布は捨てる(キャッシュレス決済)
  15. 衣服はユニクロで清潔感を大事に
  16. ノーマネーデーをつくる

それぞれ簡単に解説していきます。

どれだけ節約できるか、また、どれだけの時間が作れるかも計算していますので、みなさんも自分の生活を振り返りながら計算してみくださいね☺️

1.通信費:格安スマホや格安プランにする

通信費はすぐに削減できて、その削減効果は持続します。

自分のスマホの使用目的・使用頻度に合った最適なキャリアやプランを選ぶようにしましょう。

大手キャリアをお使いの方も、必ず格安プランに変更してくださいね。

1台あたり年間節約金額 60,000円 5000円/月 × 12月

2.保険代:保険の見直し

我が家は生命保険・医療保険・ガン保険に入っていましたが、現在は生命保険のみで月々の支払いは4,400円ほどになりました。

保険を見直し、本当に必要な保険だけに入るようにしましょう。

年間節約金額 120,000円 10,000円/月 × 12月

3.水道光熱費:湯船には入らない・節水シャワーヘッドを使う

夫婦二人の月々の水道代は3,500円(2ヵ月で7,000円弱)です。
基本的にお風呂はシャワーだけで湯船には入りません。
また、シャワーヘッドは節水のものに替えているので、年間で結構な節約になっています。
ちなみに、水道光熱費の過度な節約はQOL(クオリティオブライフ)を下げるので、必要ないと思っています。

4.食費:外食は極力せずに自炊する

外食となると、ランチだけでも一人1,000円、ディナーになると一人3,000円くらいにはなるのではないでしょうか。

外食は記念日や交友のためなどに限定した方が良いですし、外食をするならできるだけランチを選択するようにしましょう。

高級ホテルのレストランでも、ランチなら結構お安く行けます。
ちなみに、我が家の昨年の外食は2回だけでした。

5.食費:1日2食又は1日1食にする

1日1食生活にすれば、買い出しも苦労しませんし、調理時間・食事時間の節約にもなるのでオススメです。

1日1食は究極の節約術だと思います。ただし、健康管理にはくれぐれも注意してください。

どれくらいの節約効果があるのかは、こちらの記事(▶️1日1食のメリット・デメリット/半年実践してみた効果と危険性など)に書いています。

一人当たり年間節約金額 219,000円 300円/食 × 2回/日 × 365日
年間作出時間 約730時間 60分/食× 2回/日 × 365日

6.食費:自動販売機を使わない(水道水を飲む)

1日1本150円のペットボトルを買うだけで、月4,500円、年間5万円ほどの支出になります。

水道水なら月々の水道代で足りますので、ほぼ無料のようなものです。

私は2Lの空いたペットボトルに水道水を入れており、いつもデスクの横に置いて水をガブガブと飲んでいます。

水をたくさん飲めば、体内の水分も入れ替わってデトックスもバッチリです!

年間節約金額 54,750円 150円/日 × 365日

7.食費・日用品:ふるさと納税を活用する

みなさんはふるさと納税はしていますか?

家計の節約、そして節税にもなるとてもお得な制度です。

ふるさと納税の返礼品としては、食料品がパッと思いつくかもしれませんが、トイレットペーパーやティッシュペーパー、オムツなどの日用品もあり、ふるさと納税をするだけで家計を助けてくれます。

8.食費・日用品:コンビニを使わない

コンビニは、必要な物ですら割増の価格設定がされています。

欲しいものを買うついでに、いらない物まで買ってしまったという経験をしたことがある人も多いはず。

コンビニには臨時的な時以外は物の購入のために近寄らないようにしましょう。

私がコンビニに行くのはメルカリの商品の発送がある時だけです。

9.嗜好品:お酒はなるべく飲まない、タバコは吸わない

お酒は食欲増進効果がありますし、健康にも良くないです。

飲める曜日を決めておいてその日以外は飲まないようにするなど、工夫をしてできるだけ飲まないようにしましょう(参考記事はこちら▶️お酒は太る?飲酒習慣をやめるべき6つの理由)。

年間節約金額 60,000円 300円/日 × 200日
年間作出時間 約400時間 2時間/日 × 200日

タバコは論外。タバコを吸うくらいならJT株を買いましょう(参考記事はこちら▶️JTの減配でリスクはどうなる?配当金の推移と今後の見通しを分析します!)。

年間節約金額 182,500円 500円/日 × 365日
年間作出時間 約600時間 5分/回 × 20本/箱 × 365日

10.美容代:散髪はセルフカット

女性はセルフカットは難しいのかもしれませんが、男性はセルフカットでも意外にいけます。

私のオススメのカット方法は次のとおりです。
・1回だけ美容院でツーブロックにしてもらう。
・その後は伸びてくる箇所をバリカンで削る。
・モサモサしてきたら15%すきバサミでふわふわにする。

多少失敗しても、他人は私のことなんか見ていないですし、ワックスをつけてツンツンクシャクシャしておけばそれっぽくなります。

セルフカットにすれば、美容院に行く時間もかかりませんし、カット代も浮きますよ。

年間節約金額 40,000円 4,000円/回 × 10回
年間作出時間 20時間 2時間/回 × 10回

11.交際費:行きたくない飲み会には行かない

テレワークが普及しつつある今、飲み会についての考え方もガラッと変わった方も多いのではないでしょうか。

高いお金を払い、かつ、自分の時間を使うべき価値ある飲み会なのかを考えて参加するか決めていきたいですね。

年間節約金額 150,000円 5,000円/回 × 30回/年
年間作出時間 180時間 6時間/回 × 30回

12.書籍代:本は楽天で買ってメルカリで売る

楽天では毎月セールがあり、10店舗買い回りが達成できればポイント最大10倍になります。

SPU(スーパーポイントアップ)も加えれば実質20%オフくらいで物が買えます。

私はこの10店舗のうち2店舗については、楽天ブックスブックファン2号店(どちらも送料無料)で本を2冊買うようにしています。

メルカリでのリセールバリューも考慮して買うと2,000円くらいの本であれば実質500円以内の値段で読めます。

人気のある本はすぐに売れます。

年間24冊は本を買うので、自己投資として知識も得られますし、買い回りも2店舗が達成できるのですごくオススメです。

13.高還元率の楽天カードを使う

楽天カードにして楽天経済圏に入れば、日常の買い物を楽天市場に変えるだけでも、年間10万ポイントはもらうことができると思います。

楽天経済圏は現代の錬金術と言っていいくらいです。

ポイントが余るようなら贅沢品に使いましょう。

14.財布は捨てる(キャッシュレス決済)

最初は財布を持たないことに対して抵抗感があるかもしれませんが、大丈夫です。すぐに慣れます。

今はキャッシュレス決済が使えるので、手帳型ケースにしてクレジットカードと千円札だけ入れておけば問題ありません。そして、その千円札もほとんど使う機会はなくなるでしょう。

キャッシュレス決済は還元もあるので、現金を使うことは損していることになってしまいます。

15.ブランド物は身につけない

私の会社着はほとんどがユニクロです。

清潔感のある服装をしておけば、ユニクロでも問題ないですし、スーツや革靴は着ないので オフィスカジュアルにしていて、会社着=普段着となっています。

昔はオシャレに気を使ってブランド物の服を着たりもしていましたが、体型がしっかりしていれば十分にかっこいいと思い、ブランド物の服はすべて処分しました。

16.ノーマネーデーをつくる

ノーマネーデーはお金を一切使わない日です。

1週間のうち何日かをノーマネーデーにしておくと、それだけで無駄な出費を抑えることができますし、節約になります。

ちなみに、我が家は1週間に2日ほどノーマネーデーを設定しています。

 

まとめ

今回は私の節約方法などを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

あなたも少しの意識づけだけで、年間で考えると大きな節約ができるかもれません。

資産形成初期は、質素倹約が最も効果的と言われていますので、まずはベースとなる生活水準を固めてから、貯蓄率をどんどんと高める工夫をしていきましょう!

だいち
だいち

記事を読んでいただきありがとうございました☺️

取り入れられそうな節約術があれば是非取り入れてみてくださいね!

読者の皆様の人生をより豊かにする一助になれば幸いです✨

ではまた!

コメント

  1. deds より:

    メルカリで500円程度の本を売って儲け出るんですか?
    送料負担の方が高くならないの?

    • だいちゃそ だいち より:

      当ブログの初コメントありがとうございます!
      少し説明不足でしたので補足しますね!

      たとえば、「お金の大学」という本を1,540円で買います。
      楽天ポイントが20%だとすると、実質は1,300円くらいで買ったことになります。
      1回読んだ後は、メルカリで1,400円で売ります。
      1400円から手数料、送料(らくらくメルカリ便)を引くと1,050円くらいが手元に残ります。
      1,300円-1,050円で、実質は250円でこの本が読めたことになります。

      当然、メルカリで500円程度でしか売れない本は購入対象にはなりません。
      あくまでメルカリでのリセールバリュー(メルカリでどれくらい高く売れるか)を考慮して2冊を買うことになります。
      そう考えると、新刊や本屋の売れ筋ランキングの上位に入ってくる本が対象になりますね!

      ちなみに、メルカリで500円で売ってる本がどうしても読みたければ、メルカリで買ってメルカリで売ります!

      参考になれば幸いです!

タイトルとURLをコピーしました
//ピンタレスト