【1日1食】夜だけで効果的に健康に!具体的な実践方法と注意点をご紹介

1日1食
スポンサーリンク

 

こんにちは、だいちゃそ(@daichiblog)です。

 

1日1食興味があるんだけど、どうやって1日1食にすればいいんだろう?

若い頃と同じように1日3食を続けていくと、年齢を重ねるにつれて体のたるみが気になりますよね。

健康面での不安もあるかもしれません。

でも、1日3食の方がいきなり1日1食にするのは不安ですよね。

この記事では、少食の具体的な実践法を紹介していきます!

だいちゃそ
だいちゃそ

私は2020年9月から1日1食を始めて体重を10kg落としました!

1年以上1日1食を続ける私の体験を踏まえて解説していきますね!

この記事はこんな人にオススメ

・昔の体型を取り戻したい人

・今の食生活で健康面に不安を感じる人

・1日1食の実践方法を知りたい人

この記事で分かること

・1日1食の効果

・1日1食の実践方法

・1日1食を実践する際の注意点

ちゃそ
ちゃそ

1日1食のメリット・デメリットについては、こちらの記事(▶️【1日1食】7つのメリット・4つのデメリット/実践して分かった効果や危険性・注意点)を読んでねっ!

スポンサーリンク

1日1食の効果

健康寿命を伸ばす

(※画像はウィスコンシン大学の発表より引用)

こちらは、食事によるカロリー制限を行ったサルと、カロリー制限を行わなかったサルで病気や老化を比較した実験の写真です。がカロリー制限を行ったサル、がカロリー制限を行わなかったサルで、見た目にもはっきりと分かります。

最終的には、カロリー制限が老化の抑制と健康改善に有効と結論づけたそうです(参考記事はこちら)。

ちゃそ
ちゃそ

適度なカロリー制限で、見た目も中身も健康的になりそうだねっ!

私が感じた効果

私が実際に1日1食にしてみて次のような効果を実感しました。

・食べ物が美味しくなる
・集中力が上がる
・やる気(活力)が湧いてくる
・痩せて健康になり若返る
・食費が浮く
・食事の時間が減るので可処分時間が増える
・睡眠時間が減る
だいち
だいちゃそ

パッと思いつくだけでもこれだけの効果があります。

次は具体的な実践方法を説明していきますね。

1日1食の具体的な実践方法

1日1食の具体的な実践方法は次のとおりです。

① 徐々に食事量を減らす
② 水をしっかり飲む
③ 適度な運動を取り入れる
④ 実践編(だいちの場合)

それぞれ解説していきます。

① 徐々に食事量を減らす

少食を実践する際は、少しずつ食事量を減らしていきましょう。
例えば、1日3食の人は、まずは1日2.5食にしましょう。

2.5食は、2食を普通の食事、0.5食を間食とするものです。
0.5食はプロテイン、素焼きナッツ、濃厚な野菜・果物ジュース、ヨーグルトなどがいいでしょう。
まずは朝食からこういったものに変えてみるといいです。

そして、2.5食に慣れてきたら、朝食は抜いて2食にしましょう。
3食→2.5食→2食→1.5食→1食と工程を2〜3ヶ月のスパンで行っていくと体への負担が少なくて済みます。1日3食の人であれば、半年から1年ほどかけてゆっくりと少食に体を慣らしていきましょう。

● 3食→2.5食→2食→1.5食→1食と少しずつ減らす
● 各工程は2〜3ヶ月にして体への負担を軽減
● 2食の場合は昼食・夕食、1食の場合は夕食がオススメ
● 0.5食はプロテイン・素焼きナッツ・ヨーグルトなどにする

個人的には、0.5食にはホエイプロテイン(牛乳由来の動物性プロテイン)がオススメです。

ホエイプロテインは筋肉増強に効果があるため、1日1食生活のサポーターとなってくれます。
また、プロテインには空腹感を抑える効果があり、朝食をプロテインの0.5食にするだけで、昼食の1食の食事量が少しずつ減ってきます。

プロテインは、コスパが圧倒的に良いマイプロテインがオススメです。高品質なタンパク質を低価格で摂取できるので、アスリートから筋トレ初心者さんまで多くの方に支持されているプロテインです。

 送料無料!!初回お試し価格3,990円1,490円

マイプロテイン 公式サイトはこちら

 送料無料!!初回お試し価格3,990円1,490円

マイプロテイン 公式サイトはこちら

関連記事です。

タイトルとURLをコピーしました
//ピンタレスト