【書評】「空腹」こそ最強のクスリ|オートファジーで若返る!

書評
スポンサーリンク

 

こんにちは、だいちゃそ(▶️プロフィールはこちら)です。

 

会社の健康診断で引っかかっちゃった。

生活習慣を改善して数値を正常にしなきゃ…

年齢を重ねるごとに脂肪がつきやすくて、落ちにくくなってる気がする。

食生活を改善して若々しさを取り戻したい

 

そんな悩みを持つあなたにオススメするのはこの一冊!


 

著 者:青木 厚(医学博士)
出版社:アスコム
発売日:2019年1月26日

 

この記事はこんな人にオススメ
  • ダイエットをして若々しくなりたい
  • 集中力をつけて仕事のパフォーマンスを上げたい
  • 血圧、血糖値、コレステロール値を正常に戻したい人
  • がん・認知症・糖尿病、アレルギー・花粉症などを予防改善したい人

 

この記事を読んでわかること
  • 1日3食は食べすぎだということ
  • 1日16時間の空腹が長寿と健康、若返りのカギだということ

 

スポンサーリンク

「1日3食が体にいい」は間違いだった!

食べすぎは万病の元

 

NHKの「食生活に関する世論調査」(2016年)によると、日本人の多くは1日3食とっています。

実に、81%の人が3食の食生活を送っています。

 

しかし、本書にはこう書かれています。

食べすぎは、疲れやだるさの原因となるだけでなく、糖尿病や高脂血症こうしけっしょうなどの動脈硬化性疾患どうみゃくこうかせいしっかん、脳出血や脳梗塞のうこうそく狭心症きょうしんしょう心筋梗塞しんきんこうそくなどの虚血性心疾患きょけつせいしんしっかん、そしてがんの原因ともなるのです。

 

食べすぎが健康に悪いということは、こちらの本にも記載あり。

★★★★★★★☆☆☆(7点)
・医学博士の著者が「空腹の力」を説いた本
現代人は「食べすぎ病」
・「空腹」の効果がすばらしいことがわかる

 

そもそも、男性の1日の摂取カロリーは2200±200キロカロリーくらいです。

 

いやね、もうそんなの食事2回で終わりじゃん!!って話。

病院食なら3食食べても太らないかもしれませんが、現代の食はまさに誘惑の塊

普通の生活をして、普通の食事をとっていたら、普通に太る。

 

ただそれだけの話です。

 

あなたの1日に必要な摂取カロリーの上限については、日本医師会ホームページで計算してみましょう。

 

1日3食が与える体へのダメージ

 

本書では、1日3食だと体に次のような悪影響があると書かれています。

  • 胃腸をはじめ、内臓が十分に休むことができず、疲弊してしまう。
  • 体内で炎症が起きやすい。
  • 「食べすぎ」を招き、肥満になりやすい。
  • 高血糖になりやすい。
  • 老化が進みやすい。

 

「なんだか最近疲れが取れないな」

「ご飯を食べると眠たくなる」

「見た目よりも老けて見られるようになってきた」

 

その原因、もしかすると食べすぎかもしれません。

無理なく「空腹」を作り、体を蘇らせる食事法

本書では、16時間の空腹時間を作れば体を蘇らせることができる、としています。

その秘訣は「オートファジー」という仕組みです。

オートファジーを活性化させる

最後にものを食べてから10時間ほどたつと、肝臓に蓄えられた糖がなくなるため、脂肪が分解されエネルギーとして使われるようになり、16時間を超えると、体に備わっている「オートファジー」という仕組みがはたらくようになります。

オートファジーとは、「細胞内の古くなったタンパク質が、新しく作り替えられる」というもので、細胞が飢餓きが状態や低酸素状態におちいると、活性化するといわれています。

 

簡単にいうと、オートファジーとは「体内にある清掃工場」です。

自分が自分を食べ、新しい自分を作る。

生まれ変わる。

この機能が活性化することで、あなたも新しい自分に生まれ変わることができます。

16時間の空腹時間を作るということが、長寿と健康、若返りのカギです。

 

空腹の時間を作ることによる「体のリセット効果」

では、オートファジーの機能を活性化させるとどうなるのでしょうか。

 

答えは簡単です。

食べ過ぎと逆のことが起きます。

 

本書では、次のような効果があると書かれています。

  • 内臓の疲れがとれて内臓機能が高まり、免疫力もアップする。
  • 血糖値が下がり、インスリンの適切な分泌が促され、血管障害が改改善される。
  • 脂肪が分解され、肥満が引き起こすさまざまな問題が改善される。
  • 細胞が生まれ変わり、体の不調や老化の進行が改善される。

 

ちなみに私は1日1食なので、さらなる効果も実感しています。

過去の記事はこちら▶️1日1食のメリット・デメリット/半年実践してみた効果と危険性など

 

まとめ

現代人は食べすぎであるというのは、まだまだ知られていません。

でも、この記事を読んだあなたはもう知ってしまいました。

 

自分の心と体の声を聞く。

あなたもぜひ実践してみてくださいね。

 

だいち
だいちゃそ

最後まで記事をよんでいただきありがとうございました✨

この記事があなたの人生を豊かにする一助になれば嬉しいです!

ではまたっ!

 


 

タイトルとURLをコピーしました