おすすめの六法の選び方 学習段階別まとめ

法律全般

こんにちは、だいちです。

法律に興味があって、勉強をしたいんだけど、どの六法を買えばいいんだろう?

法律の勉強が進んで、行政書士試験や司法書士試験、司法試験の受験を考えているんだけど、六法を変える必要はあるのかしら?

法律関係の部署に配属になったんだけど、裁判例も乗っている六法が欲しいなぁ。

このページをご覧いただいた方は、きっと本屋にいく前やネットショッピングの前にこのような悩みを解決したいと思っているはずです。

そこで、司法試験に合格したことのある私が、学習段階別にオススメの六法を紹介します!

 

六法ってなに?

「六法」というと、あの分厚い「六法全書」が頭に思い浮かぶ方も多いかと思いますが、市販されている「六法」には用途別に大小さまざまなものがあります。

そもそも六法とは、憲法、民法、刑法、商法、民事訴訟法、刑事訴訟法を指します。

市販されている六法には、上記6つの法律のほかに、会社法、行政手続法などの行政関係法令など、多くの法律が掲載されています。

法律は毎年何らかの改正が行われることが多く、基本的には最新の六法を持っておいた方が良いです。

特に最近では民法の債権法改正もありましたし、古い六法だと学習が難しくなってしまいます。

 

初学者向けオススメ六法

初学者向けの六法として最適なのはこの2冊です。
この2冊には判例はついていませんが、初学者のうちはまずは法律に馴染むことが大事です。

私はポケット六法を使っていて、途中でデイリー六法を使いましたが、最終的にポケット六法に戻ってきました。

学習が進んで、判例付きの六法に買い換えようと思ったら、ポケット六法ユーザーは同じ有斐閣の判例六法デイリー六法ユーザーは同じ三省堂の模範小六法を買うと、馴染みやすいと思います。

ポケット六法<有斐閣>

デイリー六法<三省堂>

 

資格試験受験生向けオススメ六法

判例六法<有斐閣>

各種資格試験に対応できるだけでなく、司法試験もこの一冊で足ります。

多くの判例と的確な要旨が記載されており、こちらを用いて司法試験に合格したら、実務家になった後も手放せない相棒となるでしょう。

二色刷りで見やすく、条文と判例が一目で識別可能なのもgood!

あと、表紙の色が毎年違っていて(奇抜な色もあり)、何年版のものかすぐわかります。

 

判例六法professional<有斐閣>

こちらは判例六法に比べて掲載されている法令や判例の数が多いですが、携帯には不向きです。

二分冊になっていて、受講する講義ごとに分けて持っていけるメリットがあります。

ただ、各種試験合格のためにはここまでの容量は必要ではなく、携帯性に優れた判例六法を相棒とする方が良いと思います。

 

司法試験用六法<第一法規>

司法試験で配布される司法試験六法に準拠した六法です。

一冊持っておいて、司法試験のための答案練習用にし、使い勝手に慣れておくと司法試験本番にいきてくると思います。

 

社会人法務担当向けオススメ六法

法務担当として駆け出しであれば、下記の2冊がオススメです。
実務では判例を参考にして法令解釈をする場面が必ず訪れます。
判例付きのものを選ぶようにしましょう。
下記2冊は好みですが、個人的には法律と判例が見やすく整理されている判例六法がオススメです。

判例六法<有斐閣>

模範小六法<三省堂>

 


会社の法務全般を取りまとめる部署にいたり、幅広い法律の知識が必要な場合には、下記の2冊がオススメです。
個人的にはやはり判例六法professionalがオススメです。

判例六法professional<有斐閣>

模範六法<三省堂>

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

六法は自分の学習や仕事の段階に合ったものを1冊持っていれば十分です。

初学者なのに判例六法professionalを買って、結局1回も開かなかった・・・なんてことにならないよう、この記事を参考にして、自分にあった六法を購入してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました